Copyright © 2016 算命学鑑定士 里公

August 1, 2017

「おもしろさ」と言ってしまうと、人事で悩んで来られる社長さん方に申し訳ないですが(笑)

私は法人鑑定が好きです。

鑑定士として〝腕が鳴る〟という感じです。

問題の原因がはっきり解るからです。

社員数の多い会社だと尚解りやすい。

全てのスタッフの宿命図を算出するのには時間と労力がかかりますが、その会社の人事の風景を頭の中で絵にしていく作業は私にとって興味深いものがあります。

どの業務に誰が置かれているか、誰と誰が直属の関係に当たるのか、そういうことを鑑定していくと次々と見えてくるものがあります。

傾向が出てくると、対処の仕方もお伝えしやすい。

根こそ...

July 20, 2017

今年は酷暑だと言われていますね。

私の仕事部屋は鑑定書を作るデスクの前に窓があり、そこから緑地公園が見えます。

豊かな新緑が瑞々しい風を吹き入れてくれるので、エアコンを入れて閉め切りにするにはもったいないのですが、パソコンと本に向かいながら人の命式に集中する1日を過ごす私は、鑑定書の〆日が重なると運動で出るそれとは違った妙な汗をかきます(笑)なので除湿は欠かせません...

このように、私は一旦鑑定書作成にかかると取り立てたことがない限り時間を忘れて没頭してしまいます。

実家に住んでいた頃は、「身体を壊す」と母親によく怒られていました。

食事は...

April 18, 2017

トイレ掃除をきちんとやる子には、将来かわいい赤ちゃんが産まれてくるんだよ

と、母親やおばあちゃんから言われたことはありませんか?

私の母はよくそう言っていました。

それと同じような事で、

お風呂掃除をきちんとやるとお父さんとお母さんが健康でいられる

というのも、子供の頃からなんとなく信じて今に至ります。

これは誰に聞いたのか覚えていません。

バスタブを親の身体だと思って念入りに気持ちを込めてお掃除すると、親の健康が保たれる

という事を今でも当たり前のように信じて実践しています。

根拠は何もないのですが、想念のようなものがはたらくのでしょうか

私の両親は...

February 25, 2017

ご無沙汰しております。

確定申告も無事終わり(笑)鑑定の依頼も少しずつ落ち着いてまいりました。

年の瀬ごろから鑑定書作成に明け暮れる日々を過ごしていましたが、

新しい年が始まる時、新しい生活が始まる時にはやはり依頼が集中いたします。

年末年始はどちらかと言えば「今年はどんな年になるでしょうか」「今年は◯◯を始めようと思っていますが時期的にどうでしょうか」といった、ほのぼのとした依頼内容が多いのですが、新生活が始まる3月4月になると「一番厄介な上司のいる課へ配属されて苦しいです..」といったような実生活における具体的な苦悩が目立ってまいります...

January 6, 2017

人の運命を100m走に例えましょう。

走るのが生まれつき速い・遅いという武器やハンデが「先天運」です。

自分ではどうすることもできない〝宿命〟の部分です。

走っている時に強い追い風 又は 向かい風が吹くのが「後天運」です。

これがすなわち〝運気〟の部分です。運気の抵抗がない時のほうが走りやすい。

足が速いという先天運を持って生まれ、追い風が吹いているタイミングなのに、日頃のトレーニングを怠っていれば能力を生かすことはできません。宿命の消化不足です。

私が依頼者と運命鑑定で向き合う時、この3点が柱となります。

中でも「宿命の消化状況」は、鑑定する上...

January 4, 2017

新年明けましておめでとうございます。

新しい年が皆さま方にとって幸多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

今後とも皆様のお役に立てる〝人生道標〟鑑定書をお届けするべく精進致します。

本年もよろしくお願いいたします。

里公

December 27, 2016

お知らせです。

私が監修したアプリがリリースされました!
本アプリでは、〝節入り時期〟における里公独自の見解を組み込むことで、運の変わり目とその現象における的中精度を再現することを試みています。
このアプリを通じ、悩みの本質に気づき、少しでも皆さんの素晴らしい未来を創るお役に立てたら幸いです。
iPhone、iPad、Androidなどお持ちの方は無料でダウンロードできますので、是非お試しください。

………………………………………………………………

結婚相手の“顔”まで言い当てる≪開運的中鑑定!≫
運命の相手、伴侶の顔が、画像付きで占えま...

December 24, 2016

今日はクリスマスですね。

今年の「冬至」=「年運の切り替わり目」は12月21日でした。

冬至の前後3〜4日間はいわゆる「混沌期」です。

年運の切り替わり目を波乗りで例えるなら、波から波へ移り変わる時。

ある1つの流れから新しい流れに乗るときは、誰しも危険がともなうものですよね。

運と運の境目で足元をすくわれやすいのです。

実はこの「混沌期」、人の運命におけるプチ危険ゾーンなのです。

2016年の干支である「丙申」は、まだ去っていません。

そして次にスタンバッている干支は「丁酉」です。

来年の「丁酉」で物事を始めて下さいね。とアドバイスされた方々。

冬至...

Please reload

February 25, 2017

Please reload

最新記事
タグから検索
アーカイブ
Please reload