Copyright © 2016 算命学鑑定士 里公

February 25, 2017

Please reload

最新記事

法人鑑定のおもしろさ

August 1, 2017

1/1
Please reload

特集記事

日々のこと

February 25, 2017

 

ご無沙汰しております。

確定申告も無事終わり(笑)鑑定の依頼も少しずつ落ち着いてまいりました。

年の瀬ごろから鑑定書作成に明け暮れる日々を過ごしていましたが、

新しい年が始まる時、新しい生活が始まる時にはやはり依頼が集中いたします。

 

年末年始はどちらかと言えば「今年はどんな年になるでしょうか」「今年は◯◯を始めようと思っていますが時期的にどうでしょうか」といった、ほのぼのとした依頼内容が多いのですが、新生活が始まる3月4月になると「一番厄介な上司のいる課へ配属されて苦しいです..」といったような実生活における具体的な苦悩が目立ってまいります。けれど、現実レベルで問題を解決していけるのが算命学ですから、腕が鳴ります。

 

私は、それほど多くのお客様が常時いるわけではありません。

けれど、何年も携わっているお客様が数十名おられます。

 

今でこそ、マネジメント事務所のおかげでコンテンツやアプリ、雑誌執筆のお仕事を頂いて「算命学士 里公」を世間へ発信・宣伝することが叶いましたが、それまでの10年間は口コミのみで鑑定仕事をしてきました。

 

誰もが目で見て、手で触れて、「商品」の品質を判断しますが、「占い鑑定士」「整体マッサージ師」「テーマパーク」のように形が無いサービスは、実際に体験することでしか品質の良さがわかりません。

ですので、私のような仕事は特に〝口コミ〟が消費者にとって最も信頼できる広告になるのだと思います。

(もちろんその他の業種にとってもですが)

 

私が今関わりのあるお客様は、9割が他のお客様からのご紹介です。

これは何よりの喜びであり、励みであります。

一見さんの依頼者は「算命学で鑑定してほしい」という人が多いです。

それもまた、算命学士としてはとても嬉しく思います。

 

基本スタンスとして、自己解決力を引き出すことが私の思う「良い鑑定」です。

そのお手伝いや追い風となるべく、依頼者にしかわからないことを宿命図から見抜き伝えます。

何が解決策になるか、というところまでアドバイスいたします。

そこで気付きや認識を得た人が、自己の力で問題を解決していく。

このことこそ正しい占いの在り方だと思っています。

自己解決できると、それはその人の経験値として自分に身に付き、その後の人生を助けます。

 

この考えに添う方が、算命学と相性の良いお客様なのかな とも思います。

鑑定士人生13年目、懸命に生きる依頼者様ばかりに囲まれて背筋が伸びる思いです。

 

しかし中には困ったちゃんな依頼者も現れます(笑)鑑定仕事は人間交差点ですからね。

そのお話は今度また。

 

 

 

………………………………………………………………

 

 

 

 

私が監修したアプリがリリースされました!
本アプリでは、〝節入り時期〟における里公独自の見解を組み込むことで、運の変わり目とその現象における的中精度を再現することを試みています。
このアプリを通じ、悩みの本質に気づき、少しでも皆さんの素晴らしい未来を創るお役に立てたら幸いです。
iPhone、iPad、Androidなどお持ちの方は無料でダウンロードできますので、是非お試しください。

 

 

結婚相手の“顔”まで言い当てる≪開運的中鑑定!≫
運命の相手、伴侶の顔が、画像付きで占えます。

鑑定書の種類は全部で5つ。毎日、2~3メニューずつ鑑定が更新されます。
そして、約1ヶ月後には“あなただけの鑑定書”が完成します。         

 

 

♦︎iPhone

 

♦︎Android

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square